大阪北部エリアの福祉用具貸与・販売/高齢者住宅の紹介/介護リフォーム/介護用品の販売なら|フレンドケア

フレンドケア

  • お問い合わせ
  1. トップ
  2. > ブログ
  3. > 壁と天井との間で突っ張る手すりは、工事不要です。

ブログ

壁と天井との間で突っ張る手すりは、工事不要です。

身体の支えが必要な場所は決まったけれど、
家の柱や壁にキズをつけたくないな。。。

 

 

こんなときは、
壁に固定しないタイプの手すりがあります。

※介護保険の福祉用具貸与(福祉用具をレンタルするサービス)では、
『建物や床に直接固定しない』手すりが対象となります。

 

 

 

 

 

 

 

突っ張り型手すりとは?

 

天井と床との間で、突っ張り棒のように固定する手すりです。

身体を支えるものなので、カーテンをつっている横型の突っ張り棒よりも、
ずっと強い力にも耐えられるようにできています。

 

壁が無い空間に支えが必要なとき、
足元をスッキリさせたいときに活躍します。

 

天井から床までの高さに応じて、伸縮させながら設置します。
天井の高い・低いにかかわらず調整ができるので、屋内であれば場所を選びません。

 

また、2本の間に連結するように横手すりを組み合わせられるので、
ちょうどいい場所・ちょうどいい高さに設置できるのが強みです。

 

 

工事を迷っているなら、仮設置がおすすめ

 

「工事で固定したほうが安心なんだけど、
身体の状態が変わるかも?」

 

「支えが必要なんだけど、
どこに支えがあったらいいかわからない。」

 

このような理由で
工事を迷われている方は、たくさんいらっしゃいます。

 

レンタル手すりであれば、
設置して、必要であれば場所を変えるなど、
支えるのに『ちょうどいい』場所を確かめながら安全を確保できます。

 

また、お身体の状態が変わったときは
必要に応じて種類を変えたり、支える場所の数を変えたりもできます。

 

工事を迷っているうちに転んでしまった!ということが起こらないように
ご協力できますので、ぜひご相談くださいね。

pagetop