大阪北部エリアの福祉用具貸与・販売/高齢者住宅の紹介/介護リフォーム/介護用品の販売なら|フレンドケア

フレンドケア

  • お問い合わせ
  1. トップ
  2. > お知らせ
  3. > ペットとして長年一緒に暮らした犬の介護生活

お知らせ

ペットとして長年一緒に暮らした犬の介護生活

今回は犬の介護のお話です。

あるスタッフの家族として過ごしてきた犬が、15才になりました。

人間の歳に例えると高齢者であり、

介護が必要になってきています。

 

今回は、具体的な工夫をご紹介します。

 

 

ペットが転倒しないように、段差にスロープ

白内障と認知症が進んできて危険なので、
段差用スロープを設置しました。

 

 

ペット用おむつの活用

スタッフが仕事から帰宅した時だけ、喜び走り廻りそのまま、おもらしをしてしまうので、夕方だけ犬用のオムツを使用します。

 

 

 

人間も、動物も、高齢になってくると思いがけないケガをすることがあるので、
周囲からも見守り、予防をすることが大切です。

 

何気ない工夫ですが、
ケガをすることなく、毎日を少しでも楽しく過ごしてほしいと思います。

 

pagetop